出典:デジタル大辞泉(小学館)

衣を裏返しに着る。こうして寝ると思う人を夢に見ることができるという俗信があった。

「いとせめて恋しき時はむばたまの夜の―・してぞ着る」〈古今・恋二〉