出典:デジタル大辞泉(小学館)

[名](スル)
  1. 別の衣服に着替えること。特に夏冬の季節に応じて改めること。平安時代には、陰暦4月1日、10月1日に行われた。江戸幕府では、このほかに5月5日・9月9日などにも着替える定めがあった。現在では、一般に6月1日と10月1日に主に制服について行われる。 夏》「かへるさや胸かきあはす―/白雄

  1. 飾りつけをすっかり替えたり、商売を替えたりすること。「クリスマスをひかえて商店街がすっかり―する」

  1. 男女が互いに衣服を取り替えて寝ること。

    1. 「―せむやさ公達 (きむだち) や」〈催馬楽・更衣〉

[補説]曲名別項。→更衣

出典:青空文庫

出典:gooニュース