コロンナ‐きゅうでん【コロンナ宮殿】 の意味

  1. Palazzo Colonna》イタリアの首都ローマにある宮殿。ローマの貴族、コロンナ家の宮殿として、同家出身のローマ教皇マルティヌス5世により15世紀に建造。現在は、17世紀から20世紀にかけてコロンナ家が収集したベネチア派の絵画を所蔵する、コロンナ美術館として公開されている。映画「ローマの休日」の舞台となったことでも知られる。
  • 名詞