出典:デジタル大辞泉(小学館)

[形動ナリ]

  1. 手触りがかたいさま。ごわごわしているさま。

    1. 「練り色の衣の―なるを着て」〈今昔・二二・七〉

  1. 荒々しいさま。無骨なさま。

    1. 「片田舎の侍 (さぶらひ) どもの、―にて」〈平家・一〉