出典:デジタル大辞泉(小学館)

[動ラ四]《「ごある」の音変化。江戸時代、主として、田舎者や奴 (やっこ) などの用いた語。通人も用いた》
  1. 「来る」の意の尊敬語。いらっしゃる。

    1. 「これ、待て。ちょっと逢ひたい。はあて、―・れと云ふに」〈浄・男作五雁金〉

  1. 「ある」の意の丁寧語。ございます。あります。

    1. 「ああ、爰 (ここ) から程は―・らぬ」〈浄・金短冊〉

  1. (補助動詞)補助動詞「ある」の意の丁寧語。…であります。…でございます。

    1. 「臼をひけさの彦惣とも、京童の謳 (うた) ひしは、身どもがことで―・ります」〈浮・万金丹・二〉