出典:デジタル大辞泉(小学館)

神社本殿形式の一。本殿拝殿とを、石の間または相 (あい) の間でつないだもの。平安時代に始まり、桃山時代から盛んになった。日光東照宮本殿がこの例。石の間造り。八つ棟造り。