出典:デジタル大辞泉(小学館)

ポルトガル領アゾレス諸島テルセイラ島の町。20世紀半ばまで同諸島の首府が置かれた。天然の良港に恵まれ、16世紀より帆船時代が終わる19世紀末まで航海の中継地として発展。レデントール‐デ‐セ大聖堂やサンフェリペ要塞など、ポルトガルの植民都市の面影を色濃く残していたが、1980年の大地震により壊滅的な被害を受けた。その後再建が進められ、1983年には「アゾレス諸島のアングラ‐ド‐エロイズモの中心地区」の名称で世界遺産(文化遺産)に登録された。

[地理/外国地名/南ヨーロッパ]カテゴリの言葉