• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

こん‐じ【今時】 の意味

  1. いま。いまどき。当世。「―の世相」
  • こん‐じ【今時】の例文

    出典:青空文庫

    • ・・・何んしに今時こないな所にいるのぞい」 仁右衛門は声の主が笠井の四国猿奴だと知るとかっとなった。

      有島武郎「カインの末裔」

    • ・・・どうして、元気な人ですからね、今時行火をしたり、宵の内から転寝をするような人じゃないの。

      泉鏡花「女客」

    • ・・・ 薄手のお太鼓だけれども、今時珍らしい黒繻子豆絞りの帯が弛んで、一枚小袖もずるりとした、はだかった胸もとを、きちりと紫の結目で、西行法師――いや、大宅光国という背負方をして、樫であろう、手馴れて研ぎのかかった白木の細い……所作、稽古の棒・・・

      泉鏡花「開扉一妖帖」