出典:デジタル大辞泉(小学館)

内部を金箔 (きんぱく) などで飾った阿弥陀堂。極楽浄土を象徴する。
岩手県西磐井 (にしいわい) 郡平泉町の中尊寺にある藤原清衡 (ふじわらのきよひら) 基衡 (もとひら) 秀衡 (ひでひら) 3代の廟堂。天治元年(1124)清衡が建立。中尊寺創建当時の唯一の完全な遺構で、内外を黒漆で塗り、金箔を押したのでこの名がある。藤原時代工芸技術の粋を集めている。光堂 (ひかりどう) 。