出典:デジタル大辞泉(小学館)

平安後期の説話集。31巻。現存28巻。源隆国覚猷(鳥羽僧正)を編者とする説があるが、未詳。12世紀初めの成立。天竺 (てんじく) (インド)・震旦 (しんたん) (中国)・本朝(日本)の3部に分かれ、一千余の説話を収める、日本最大の古説話集。古写本は片仮名宣命体。書名は、各話が「今は昔」で始まることに由来する。今昔物語。