出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. 奈良末期、軍団を廃止した代わりに諸国に配置され、国府関所などを警固した兵士。地方の郡司子弟などを採用した。平安中期以降には消滅。

  1. 武家時代、中間 (ちゅうげん) 足軽などの称。こんでいわらわ。