出典:デジタル大辞泉(小学館)

[動ハ四]《「あえしらう」の音変化で、「あしらう」のもとの形》
  1. 応対する。

    1. 「おほかたは、まことしく―・ひて」〈徒然・七三〉

  1. 適当に取り扱う。

    1. 「あのやうなものを悪う―・へば、後にあたをする物ぢゃ」〈虎明狂・察化

  1. 程よく取り合わせる。

    1. 「けいせいにざっと柳を―・ひ」〈柳多留・一〇〉