出典:デジタル大辞泉(小学館)

鮟鱇のおろし方。下顎 (したあご) に鉤 (かぎ) を通してつるし、口から水を入れておいて、皮をはぎ、肉をそぎ、はらわたを取り、骨を切る。全体にやわらかく、包丁を入れにくいために行う。

[生活/料理]カテゴリの言葉