出典:デジタル大辞泉(小学館)

球状で、周囲に小さな突起がある豆粒大の砂糖菓子。かつてはケシ粒、現在は砂糖の結晶を核として、砂糖蜜を幾層もかけて作る。室町末期にポルトガル人によりもたらされたとされる。

[補説]「金米糖」「金平糖」などとも書く。

[生活/料理]カテゴリの言葉