出典:デジタル大辞泉(小学館)

《「寺院町」の意》カンボジア北部、アンコールにある石造寺院遺跡。12世紀初め、クメール王朝スールヤバルマン2世の治下に建立。南北1300メートル、東西1500メートルの環濠 (かんごう) に囲まれ、三重の回廊の中心に祠堂が建つ。ヒンズー教の神々やマハーバーラタラーマーヤナなどの古代インドの叙事詩を描いた精緻な浮き彫りが残っている。1992年、アンコールの他の遺跡とともに世界遺産(文化遺産)に登録された。