出典:デジタル大辞泉(小学館)

屋根つきの渡り廊。多く宮殿と対の屋とのつなぎに設けられる。特に、宮中の紫宸殿 (ししんでん) 東面の階下から宜陽殿に続く廊をいう。