サーロインステーキ‐しょうこうぐん〔‐シヤウコウグン〕【サーロインステーキ症候群】 の意味

  1. 運動不足により、足腰の筋肉に脂肪がたまった状態をいう。上等なサーロインには霜降り状に脂が乗っていることから。