ざいかい‐そうり【財界総理】 の意味

  1. 俗に、経団連の会長をいう。財界の意見を取りまとめ、国政に大きな影響力を持つことから。