さいかい‐どう〔‐ダウ〕【西海道】 の意味

  1. 五畿七道の一。今の九州地方全域。大宰府 (だざいふ) が統轄。初め筑前筑後豊前 (ぶぜん) 豊後 (ぶんご) 肥前肥後日向 (ひゅうが) の7国と壱岐 (いき) 対馬 (つしま) の2島。天長元年(824)以後、薩摩 (さつま) 大隅 (おおすみ) を加えた9国2島となる。慶長14年(1609)に琉球も含む。また、これらの国々を結ぶ街道のことをもいう。西の海の道。西海。鎮西 (ちんぜい) 。