出典:デジタル大辞泉(小学館)

実数値をとる関数が、その変域内でとる最も大きい値。⇔最小値