出典:デジタル大辞泉(小学館)

小唄・うた沢・端唄。「咲いた桜になぜ駒つなぐ」の歌詞で、元禄(1688~1704)以後、広く歌われる。