出典:デジタル大辞泉(小学館)

[767~822]平安初期の僧。日本天台宗の開祖。近江 (おうみ) の人。勅諡号、伝教大師。比叡山に入り、根本中堂を建立。延暦23年(804)空海とともに入唐し、翌年帰国。また、南都諸宗の学僧と対論、大乗戒壇の設立を上表。著「守護国界章」「顕戒論」「山家学生式 (さんげがくしょうしき) 」など。山家大師。根本大師。