ざいちょう‐かんにん〔ザイチヤウクワンニン〕【在庁官人】 の意味

  1. 平安中期から鎌倉時代、現地の国衙で実務を行った介 (すけ) 以下の役人。本来は在庁と官人からなるが、のち区別がなくなり、在庁と略称されるようになった。