出典:デジタル大辞泉(小学館)

[名](スル)浄土教で、阿弥陀仏の誓いを信じて、少しの疑いもなくなること。転じて、信念を得て心が定まること。
  • 「唯独立独歩と―したから、政府に依りすがる気もない」〈福沢福翁自伝

[宗教・思想/仏教・儒教・ヒンズー教など]カテゴリの言葉

[四字熟語]カテゴリの言葉