出典:デジタル大辞泉(小学館)

[動マ五(四)]《「さきなむ」の音変化》
  1. 𠮟ったり責めたてたりする。「われとわが身を―・む」

    1. 「かかる文見すれば、おとど、母宮、―・むとて」〈宇津保・嵯峨院〉

  1. 苦しめる。いじめる。「不安の念に―・まれる」「切り―・む」

    1. 「牛頭馬頭 (ごずめず) の獄卒に―・まれて」〈芥川・地獄変〉

出典:青空文庫