出典:デジタル大辞泉(小学館)

平安初期ごろに成立した歌謡の一。上代の民謡などを外来の唐楽の曲調にのせたもので、笏拍子 (しゃくびょうし) 笙 (しょう) 篳篥 (ひちりき) 竜笛 (りゅうてき) 琵琶箏 (そう) を伴奏とする。歌詞は25首、呂 (りょ) 36首が残るが、曲は室町時代に廃絶、現在10曲ほど復興。