さい‐ひょう【砕氷】 の意味

  1. [名](スル)氷を砕くこと。また、その砕かれた氷。
  • 名詞

さい‐ひょう【砕氷】の慣用句

  1. さいひょうせん【砕氷船】
    • 氷海の氷を砕きながら航行できるように設計された船。日本では南極航海で宗谷、次いでふじしらせが活躍した。 冬》「闃(げき)として―も横はる/碧梧桐