出典:デジタル大辞泉(小学館)

京都市西京区にある臨済宗天竜寺派の寺。山号は洪隠 (こういん) 山。天平年間(729~749)行基の開創と伝え、初め西方寺と称した。鎌倉時代には浄土宗寺院であったが、延元4=暦応2年(1339)夢窓疎石が復興、禅寺とし、寺号も改めた。庭園は苔 (こけ) が密生する枯れ山水で、苔寺 (こけでら) の通称がある。平成6年(1994)「古都京都の文化財」の一つとして世界遺産(文化遺産)に登録された。