出典:デジタル大辞泉(小学館)

助動詞「せる」を用いるべきところで「させる」を用いた言い方。「使いに行かさせる」「休まさせていただく」など。文法的には破格。さ入れ表現。

[補説]助動詞「せる」は五段動詞とサ変動詞に、「させる」はそれ以外の活用の動詞につく。上一段動詞「着る」を「着させる」、下一段動詞「受ける」を「受けさせる」、カ変動詞「来る」を「来 (こ) させる」とするのは正しい形。