出典:デジタル大辞泉(小学館)

[動ラ五(四)]

  1. 光や音などが非常にくっきりとあざやかである。「月の―・る夜」

  1. 春になっていったん緩んだ寒さがまたぶり返す。 春》「一本の薄紅梅に―・る/虚子

    1. 「きのうから寒くなった。…―・るなどという時節でもないに」〈漱石・琴のそら音〉

  1. 頭の働きが、非常によくなる。「酔いがさめて頭が―・る」

  1. いったん衰えたものが、また盛んになる。

    1. 「どうかした工合で、その話が―・り」〈万太郎・続末枯〉

出典:青空文庫