出典:デジタル大辞泉(小学館)

山形・宮城県境にある火山群。最高峰は熊野岳で、標高1841メートル。冬季は樹氷が美しく、スキー場や温泉が多い。古くは不忘山 (わすれずのやま) ・刈田嶺と呼ばれ、7世紀に金峰山 (きんぷせん) から蔵王権現を勧請 (かんじょう) したという。