出典:デジタル大辞泉(小学館)

江戸時代、検地の際、間竿 (けんざお) を持って土地の測量に当たった役人。

[日本史/江戸時代]カテゴリの言葉