さか‐がみ【逆髪】 の意味

  1. 逆立った頭髪。
  1. 髪を逆立てた化け物。
    • 「―と見ゆるは風の柳かな/吉林」〈毛吹草
  1. 謡曲「蝉丸 (せみまる) 」の主人公である狂女の名。また、謡曲「蝉丸」のこと。

さか‐がみ【逆髪】の慣用句

  1. さかがみまつり【逆髪祭】
    • 陰暦9月24日、滋賀県大津市逢坂の蝉丸(せみまる)神社(関明神)で行われる祭礼。逢坂にあるから坂神の意であるが、古くから蝉丸の髪が逆立って生えていたという伝説があって、逆髪の名が生じた。