出典:デジタル大辞泉(小学館)

《栄える木の意か。一説に境の木の意とも》
  1. 神木として神に供せられる常緑樹の総称。

  1. ツバキ科の常緑小高木。関東以西の山林中に自生し、高さ約5メートル。葉は互生し、やや倒卵形で先が細く、つやがあって堅い。夏、白い花をつけ、実は熟すと黒くなる。神事に用い、神社などによく植えられる。 花=夏》

(賢木)源氏物語第10巻の巻名。光源氏、23歳から25歳。桐壺帝の崩御、藤壺の出家、源氏と朧月夜 (おぼろづくよ) との仲が露見して追放の画策をされることなどを描く。
[補説]「榊」は国字。