出典:デジタル大辞泉(小学館)

《「あみいた(編板)」の音変化という》輿 (こし) の一。長方形の板を台にし、竹や木などで編んだ縁をつけて竹の棒でつるし、罪人や負傷者などを運んだもの。あおだ。おうだ。