出典:デジタル大辞泉(小学館)

[1906~1955]小説家。新潟の生まれ。本名、炳五 (へいご) 。情痴・荒廃の世界を戯画的な手法で表現し、大胆な文明批評で戦後文学の代表者の一人となった。評論「日本文化私観」「堕落論」、小説「風博士」「白痴」など。