• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

さか‐さ【逆さ/倒さ】 の意味

  1. [名・形動]さかさま」の略。「裏表が―になる」
  • 名詞

さか‐さ【逆さ/倒さ】の慣用句

  1. さかさおち【逆さ落ち】
    • 落語の落ちの一。物事が逆の結果になる落ち。大阪では、落ちを先に言ってから咄(はなし)に入るものをいう。
  1. さかさがわ【逆さ川】
    • 逆の方向へ流れる川。地勢の関係から普通の川の流れと逆になる。さかさまがわ。
  1. さかさぎもの【逆さ着物】
    • 遺体に、着物の上下を逆さにして掛けておくこと。また、その着物。
  1. さかさくらげ【逆さ海月】
    • 《看板に使った温泉マークの♨を、逆さにしたクラゲに見立てて》連れ込み宿のこと。昭和20年代の流行語。
    • サカサクラゲ科のクラゲ。海底で、触手を上に向けて生活する。プランクトンを補食するほか、体内に藻類を共生させ、その光合成により養分を得る。日本では九州以南に生息。
  1. さかさことば【逆さ言葉/倒さ詞】
    • 反対の意味で使う言葉。「いじめる」を「かわいがる」という類。さかさまごと。
    • 一語の音を上下逆にしていう言葉。「たね(種)」を「ねた」、「しろうと(素人)」を「とうしろう」という類。多く隠語として用いる。倒語。さかさまごと。
  1. さかさだけ【逆さ竹】
    • ハチクの枝が逆さになり、しだれた形になったもの。新潟市の西方寺のものが有名。
  1. さかさにじ【逆さ虹】
  1. さかさばし【逆さ箸】
    • 嫌い箸の一。盛り合わせの料理を取るときに、箸を逆さに持って食べ物をつまむこと。取り箸を用意するとよい。
  1. さかさばしら【逆さ柱】
  1. さかさはりつけ【逆さ磔】
    • 武家時代の極刑。罪人のからだを逆さにはりつけにしたもの。さかはたもの。さかさばっつけ。さかばっつけ。
  1. さかさびょうぶ【逆さ屏風】
    • 死者の枕元に屏風を逆さに立てること。また、その屏風。
  1. さかさふじ【逆さ富士】
    • 湖水などに映って逆さに見える富士山の影。
  1. さかさまつげ【逆さ睫】
    • まつげが普通とは逆に眼球のほうを向いて生えている状態。睫毛内反(しょうもうないはん)。さかまつげ。
  1. さかさみず【逆さ水】
    • 普通とは逆に水に熱い湯を入れて、ぬるくすること。死者の遺体を清めるときのやり方とされる。
  1. さかさみの【逆さ蓑】
  1. さかさわかれ【逆さ別れ】
    • 子が親より先に死ぬこと。さかさまの別れ。
  • さか‐さ【逆さ/倒さ】の例文

    出典:青空文庫

    • ・・・肉体はややともすると後ろに引き倒されそうになりながら、心は遮二無二前の方に押し進もうとした。

      有島武郎「クララの出家」

    • ・・・そして一方の親が倒された時には、第四階級という他方の親は、血統の正しからぬ子としてその私生児を倒すであろう。

      有島武郎「片信」

    • ・・・ 私はもう、それまでに、幾度もその渦にくるくると巻かれて、大な水の輪に、孑孑虫が引くりかえるような形で、取っては投げられ、掴んでは倒され、捲き上げては倒されました。

      泉鏡花「雪霊続記」