出典:デジタル大辞泉(小学館)

大嘗祭 (だいじょうさい) のとき、神に供える御酒 (みき) を斎庭 (ゆにわ) で醸 (かも) す少女。斎田に決められた郡の郡司の未婚の娘から卜定 (ぼくじょう) によって選ばれた。

[日本史/その他の日本史の言葉]カテゴリの言葉