出典:デジタル大辞泉(小学館)

宴会の余興として語る浄瑠璃。

「くるわにてもっぱらはやりし野郎山伏笈 (おひ) 探しと申す―なり」〈浮・御前義経記・四〉