さか‐ばん【酒番】 の意味

  1. 酒の燗 (かん) の世話をすること。また、その人。燗番。
  1. 江戸時代、芝居仲間が大入り祝いとして催した慰労宴。
  • 名詞