• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

さか‐ぶぎょう〔‐ブギヤウ〕【酒奉行】 の意味

  1. 室町時代、将軍が諸侯の屋敷に出向いたとき、供応の酒の事をつかさどらせるため、その家に臨時に置かれた職。
  1. 江戸幕府の職名。賄い方に属し、酒の事をつかさどったもの。酒役。
  1. 宴席で、酒の世話をする人。