出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. 大化前代、酒の醸造を担当した部民 (べみん) 。

  1. 律令制で、宮内省造酒司 (みきのつかさ) に属した伴部 (ともべ) 。宮中の節会 (せちえ) など公用に用いる酒の醸造を担当した。

[日本史/平安時代まで]カテゴリの言葉