出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. 旅から郷里に帰る人を、国境・村境などに出迎えて供応したこと。京都の人は伊勢参りなどから帰京する者を逢坂 (おうさか) の関まで出迎えた。酒迎え。さかむかい。

  1. 平安時代、新任の国司が京都から任地の国境に到着したとき、在地の国府の役人が出迎えて供応した儀式。

[日本史/平安時代まで]カテゴリの言葉