出典:デジタル大辞泉(小学館)

(梵)antarvāsaの音写。中宿衣・内衣・下衣などと訳す》三衣 (さんえ) の一。五幅 (の) の布で作り、最も略式の衣。からだに直接着用し、人目につかない所や作業などのときは、このままでよいとされる。五条衣。

[宗教・思想/仏教・儒教・ヒンズー教など]カテゴリの言葉