出典:デジタル大辞泉(小学館)

《佐 (たすけ) る官の意の「佐官」の字音から》律令制で、四等官 (しとうかん) の最下位の官。記録・文書を起草したり、公文の読み役を務めたりした。「録」「目」など官司により用字が異なる。しゅてん。→四等官

[日本史/平安時代まで]カテゴリの言葉