出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. 元から遠い、突き出ている部分。先端。突端。「岬の―」「針の―で突く」「鼻の―」

  1. 長いものの末端。はし。「ひもの―」

  1. 続いているものなどの一番はじめ。先頭。「列の―」「みんなの―に立って歩く」

  1. ある点や線を基準にして、その前方。「仙台から―は不通」「三軒―の家」「駅は目と鼻の―だ」「―を行く車に追いつく」

  1. 金額・数量などが、ある額・量を超えること。「千円から―の品はない」

  1. 継続している物事の残りの部分。「話の―を聞こう」「―を急いでいる」

  1. 行き着く所。目的の場所。「―へ着いてからのことだ」「行く―」

  1. 未来のある時点。将来。前途。「―を見通しての計画」「―の楽しみな青年」

  1. 時間的に前。あることより前。「代金を払うのが―だ」「ひと足―に帰る」⇔あと

  1. 10 現在からそう遠くない過去。以前。「―の台風の被害」「―の大臣」

  1. 11 順序の前の方。「名簿の―の方に出ている」「だれが―に入りますか」「お―にどうぞ」⇔あと

  1. 12 優先すべき事柄。「地震のときは何より火を消すのが―だ」「あいさつより用件が―だ」

  1. 13 交渉の相手方。先方。「―の出方しだいだ」

  1. 14 相場で、「先物」の略。

  1. 15 行列の先導をする役。さきおい。さきばらい。

    1. 「―なるをのこども、疾 (と) う、促せや、など行ふ」〈かげろふ・上〉

  1. 16先駆け」の略。先陣。

    1. 「内々は―に心を掛けたりければ」〈平家・九〉

  1. 17幸先 (さいさき) 」の略。

    1. 「其様な―の悪い事をおしゃるぞ」〈虎寛狂・河原太郎〉