出典:デジタル大辞泉(小学館)

会社の取締役や支配人などが更生手続き開始の前後を問わず、自己もしくは他人の利益を図り、または債権者・担保権者・株主を害する目的で、会社の財産を隠匿・毀棄 (きき) したり、会社の負担を虚偽に増加したりする罪。会社更生法に罰則の規定がある。

[社会/法律]カテゴリの言葉