出典:デジタル大辞泉(小学館)

[枕]

  1. 割った竹は、互いに後ろ向きになるところから、「背向 (そがひ) 」にかかる。

    1. 「―背向に寝しく今し悔 (くや) しも」〈・一四一二〉

  1. 割った竹はしないたわむところから、「とをを」にかかる。

    1. 「―とををとををに天の真魚咋 (まなぐひ) 献る」〈・上〉