さく‐そくしん【索測深】 の意味

  1. 先端におもりをつけた鋼索などを用いて水深を測定すること。