出典:デジタル大辞泉(小学館)

《伊勢家の作になる鞍の意》伊勢貞継が大坪道禅の伝授を受けて作ったという鞍。鞍壺 (くらつぼ) が深いのが特徴。